2006年02月02日

得意戦法

fu.gif私が指す戦法は、ほとんど四間飛車と決まっていますが、息子の場合は、猫の目のように変化していて、いまいち掴み所がありません。
比較的よく指す戦法は、四間飛車・三間飛車・升田式・筋違い角・角換わり腰掛銀・一手損角換わり・右四間・左美濃・後手角頭歩・45角・横歩取り・米長玉・右玉・向飛車などなどでです。
ここ一番の将棋などで、今まで一度も指したことがない戦法をいきなり試す、なんてこともあるようです。
もうそろそろ得意戦法を絞ってみてはどうか、とも思っているのですが、これだけは本人の好みの問題なので、そっと見守る以外はありませんね。
まぁバラエティに豊んでいるということでよしとしましょう。(^^)
【関連する記事】
posted by ひろパパ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜にすみません。
それだけいろいろな戦法を使えるなんてすごいですね!
僕は実戦で使える戦法は三つしかありません・・・
どうすればそんなに多くの戦法を使えるのですか?
ぜひ教えてください。
お願いします。
Posted by 研修会の者です at 2006年02月03日 23:59
書き込みありがとうございます。
いつもお世話になっています。今度、本人に聞いて見て下さい。(^^)
親から見ての感想で言うと、あまり定跡の本は読まないようです。ただまったく読まないという訳ではありません。どちらかというと実戦の中で、覚えていくタイプだと思います。人が指しているのを見て、自分でも指してみたくなるとか、あるいは、プロの棋譜を少しならべたりすると、自分でも指してみたくなるとか。
まぁこんな感じなので、結構、行き当たりばったりなのかもしれませんねぇ。
Posted by ひろパパ at 2006年02月04日 01:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12664277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。