2006年05月23日

将棋倶楽部24での棋譜の取り方

fu.gifリクエストがあったので、将棋倶楽部24での棋譜の取り方について、その一例を説明します。
まず前提として、将棋倶楽部24で会員登録(無料)し、すでに対局できる状態であることとします。
この登録方法については、こちらのサイト雷が詳しいので、参考になると思います。

実際の対局するまでのシュミレーションは将棋倶楽部24の体験デモ雷で疑似体験できます。

さて本題の棋譜の取り方ですが、
(1)対局が終了したら、「棋譜」ボタンを押し、KIFウィンドウを表示させます。
(2)KIFウィンドウの一番左上にカーソルをおき、そこから、マウスの左ボタンを押しながら、マウスカーソルを一番下まで、もっていくと、最初から最期までの範囲をすべて選択したことになります。
ここまでを、簡単に説明すると、こんな感じです。
kif_tori.jpeg
(3)この状態で、キーボードのCNTLキーを押しながら、Cのキ−を押します。
これで、いま選択した部分をコピーしたことになります。
(4)あとは、notepadなどのメモソフトを起動し、キーボードのCNTLキーを押しながら、Vのキ−を押すと、先ほどコピーした棋譜が貼り付けられます。
(5)これを、たとえば、テスト01.kif というように、拡張子に.kifをつけて保存します。
(6)こうして棋譜文書を保存しておけば、たとえば、フリーソフトのKifu for Windowsに読み込ませれば、そのまま動いてくれます。(Macの場合は、Kifu for Macintoshになりますね。)
Kifu for Windowsなどは、このサイト雷でダウンロードできますよ。

以上簡単ですが、将棋倶楽部24での棋譜の取り方の説明でした。
なおレーティング対局なら、将棋倶楽部24の「棋譜検索・閲覧」で、見ることができますので、あとからでも、棋譜を取得することができますね。(^ ^)/


【関連する記事】
posted by ひろパパ at 22:37| Comment(8) | TrackBack(0) | その他の日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
最近私もせっせと棋譜をため込んでいます。
ご存知かも。。ですが、TIPSをちょっと書かせてください。
(2)のところで範囲指定をする時に、「CNTL」、「Shift」、「Fn」キーを同時に押しながら「→」キーを押すと、すべての範囲を一度に選択することができます。
(3)のコピーの後、Kifu for Windowsなどのアプリケーションをアクティブにした状態で、「CNTL」キーを押しながら「V」のキ−を押すと、ダイレクトに棋譜をアプリケーションに取り込むことができます。最初にファイルを作らなくて済む分ちょっとだけ楽です。
今、別のブログに棋譜集を作っています。公開しようと思いましたが、ボロ負けの対局が多いのでちょっと躊躇しています。そのうち公開しますので、その時はつっこみを入れてやって下さい。^^)
Posted by 太郎父 at 2006年05月23日 23:43
太郎父様
書き込み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m
そうですね。Kifu for Windowsなどのソフトにダイレクトに棋譜を取り込む方が、断然ラクですね。(^ ^)/
あと、範囲指定はキーボードによって、若干表記が違うようです。我が家のキーボードでは、「CNTL」、「Shift」、「End」キーでOKでした。これも、慣れてくればキーボード操作の方が断然ラクですね。ナイスなフォロー、本当にありがとうございました。(^ ^)/

・・・あと、棋譜の公開、楽しみにしていますよ。(^ ^)v
それではまた。
Posted by ひろパパ at 2006年05月24日 00:27
ひろパパ様、ご丁寧な解説どうも有難うございました。
今晩早速棋譜の取り込みをやってみようと思います。
うまくできたらUPしてみます!
Posted by しずか at 2006年05月24日 07:37
こんばんは。
いろいろと努力してみたのですが、棋譜の取り込みがうまくできません(T_T)
うちのMacのOSは10.4.6なのですが、ソフトはインストールできて、対局などはできるのですが、棋譜の取り込みをするとソフトがとんでしまいますぅ〜〜〜。
Posted by しずか at 2006年05月26日 00:51
いま、ちょっと調べた範囲ですが、Windowsでよく使うCntlキーは、MacではCommandキー(リンゴと4つ葉のクローバー(?) がついたキー)を使うようです。
なので、コピーするときは、
 Commandキーを押しながら、Cのキ−
貼り付けるときは、
 Commandキーを押しながら、Vのキ−
でやって見て下さい。
上手く行くといいのですが・・・。
Posted by ひろパパ at 2006年05月26日 07:16
こんばんは。
コピペの方法に関しては大丈夫なのですが、とにかくペーストするとソフト自体がとんでしまうので・・・。
悪いことに自宅のMacのOSを二台とも10.4.6にしてしまったので、他の(もっとバージョンの低い)OSならうまくいくかもしれません。10.4は他のメジャーなソフトとの相性も悪いので、たぶんOSが原因なのでしょう。残念ですが・・・。
Posted by しずか at 2006年05月26日 22:00
ブログに載せる棋譜で、矢印で局面を進めたり戻したりできる棋譜を載せているブログをよく見かけますが、あの棋譜画面欲しいなといつも思っています。
どうしたらいいのでしょう
Posted by 小池 at 2006年05月27日 10:07
書き込みありがとうございます。

小池様もコメントを書き込まれていらっしゃるとおり、
http://fukayomi.qee.jp/hp/で紹介されている方法では、ライブドアのブログでは上手くいかないようですね。無料ブログサービスではなかな制約があるようで、残念です。
Posted by ひろパパ at 2006年05月27日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック