2006年08月09日

小島将棋教室

fu.gif普段、お世話になっている道場や教室を3回に分けて紹介したいと思います。
まず第1回目です。

埼玉で開催している小島教室雷は、昨年からお世話になっていますが、小島先生が熱心に指導して下さるので、本当にうれしく思っています。
会場は、与野本町駅下車で徒歩3分ぐらいのところにある与野本町コミュニティーセンターが多く、あとは北浦和駅下車で徒歩3分ぐらいのところにあるカルタスホールも使用します。
最近、日程が合わなくてなかなか参加できていないのが残念ですが、この教室に集まってくる小中学生は、皆レベルが高いですよ。(^ ^)
詰将棋の早解きとか、さまざま工夫して下さっているところが素晴らしいです。
また、プロ棋士の方だけでなく、アマ強豪の方や、大学の将棋部の方も、よくゲストで参加して下さるなど、さまざまな刺激もあって素晴らしいです。
毎回の宿題で出される詰将棋もかなり長手数のものが多く、15手詰めとか当たり前ですので、やはり、初段前後の棋力の子がこれからぐんと伸びていくというときに、一番適した教室だと思います。
とくに、感想戦を徹底してやれるところがいい!とは、参加している息子の感想でした。


【関連する記事】
posted by ひろパパ at 00:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 小島教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
うちの太郎も帰省の度に参加させていただいていたのですが、ここのところ日程が合わなくて、だいぶご無沙汰しています。
ご無沙汰といっても最初のうちは、棋力が参加基準に満たなかったので、「見学参加」でしたけれど。(今も、かも。^^;)

昨年の夏休みの将棋大会は、ことごとく、ここの生徒さんに上位進出を阻止されてしまいました。
(キリビバ、倉敷の2敗、東急東横。逆に言うと一度も勝ったことが無い。)
参加する度に、いい刺激を受けて帰るので、ぜひまた参加したいと考えています。
ご一緒できましたをりには、よろしくお願いいたします。

以前どこかに書いたかもしれませんが、実は、当方のブログの初期の部分(当時非公開にしていた部分)は、小島さんに宛てたメールをリメイクして掲載したものが数多くあるんですよ。
Posted by 太郎父 at 2006年08月10日 19:54
太郎父様
書き込み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m
そうですね。ご一緒出来たときは、是非よろしくお願いします。(^ ^)/
この教室の子供たちが強いのは、将棋の基礎体力である読みの力を、詰将棋などを通して、しっかりと鍛えているからだと思います。
詰将棋の宿題は、今でも、音を上げてしまうことが多々ありますからね。というか、音を上げないことの方が少ないかも・・・。(^ ^;
Posted by ひろパパ at 2006年08月10日 22:55
紹介していただきありがとうございます。
文部科学大臣杯では4都県から22人(ご無沙汰組も含む)の会員が参加しましたが、最近は会員数があまり増えていません。ということで現在、やる気のある子を募集しています。
詰将棋の宿題と早解き競争以外の企画は不定期ですが、自分も楽しんでつくっています(特に将棋常識クイズとか)。9月には新しい企画を出すつもりです。
中学時代、感想戦が好きで対局時間より長いこともしばしばでした。ひろ君も好きなようで嬉しく思っています。
Posted by 小島 at 2006年08月11日 00:56
小島様
書き込み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m
また、いつも大変にお世話になっています。m(_ _)m
初段前後から上に行くには、それまでのように、トントンとは上がれないだろうし、どうしたものか?と思案にくれていたときに、このブログを通して、つる様からご紹介頂き、参加させて頂くようになりました。(^ ^)
同じように、思案されている親御さんも、きっといらっしゃると思います。私の地元支部でも初段の子が参加するかもしれないと言ってましたので・・・。
あと、将棋常識クイズは大好評でした!その日は家に帰ってきて、楽しそうに何度も話をしていました。(^ ^)
今後ともさまざま、お世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
Posted by ひろパパ at 2006年08月11日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック