2007年09月06日

ボナンザVS勝負脳

fu.gif「ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか」を読みました。
いやぁー面白かったですねぇ。
ボナンザとの公開対局での迫真のドラマが再現されていました。

ボナンザVS勝負脳.jpg

で、この本の中で、最も興味を引いたのは、第4章「プロ棋士はこう考える」の部分です。
この章はまるごと、渡辺竜王の書き下ろしで、「読みの技法」などについての記述が、ありのままに書かれているので、本当に貴重な内容だと思いました。

勝負を決する一番大事な要素は、「正確に深く読む力」のことだと明快に定義されていますし、「将棋の勉強はまず量が大切、奨励会時代は1日10時間くらい勉強するのが当たり前である。人間の集中力は3時間が精一杯といっても、その限界を超えてどこまでできるか。」との衝撃的な記述もありました。

竜王ほどの才能を持ってしても、1日10時間の勉強とは、・・・まさに鬼に金棒ですね。
しかし、きっとそれは「努力」とかの次元ではなくて、「将棋を好きでありつづけることへの思いの強さ」なのでしょう。
本当にさすがだと思いました。


posted by ひろパパ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 将棋の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 読みました。
 書店で偶然見かけて即購入一気に読みました。
 竜王の覚悟に感動しました。
Posted by takeruの父 at 2007年09月08日 21:24
takeruの父様
書き込み頂きありがとうございます。
そうですね。
最後のプロ棋士としての決意の部分でも、「ただひたすら勝ちまくるだけである」と書いているのも、本当に竜王らしい記述だと思いました。
Posted by ひろパパ at 2007年09月08日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。