2008年02月26日

研修会1

fu.gif小3の9月に、研修会の入会テストをさせて頂き、小5の2月での卒業となりましたので、2年6ヶ月間、お世話になりました。

以下、関東研修会での昇級履歴と各クラスでの勝敗数です。
2005.10.09 F2入会(09勝08敗)
2005.11.27 F1昇級(13勝07敗)
2006.01.22 E2昇級(09勝03敗)
2006.03.12 E1昇級(32勝33敗)
2006.11.05 D2昇級(19勝12敗)
2007.02.25 D1昇級(06勝00敗)
2007.03.11 C2昇級(14勝14敗)
2007.07.22 C1昇級(14勝05敗)
2007.10.14 B2昇級(10勝04敗)
2007.12.09 B1昇級(14勝08敗)
2008.02.24 A2昇級(奨励会6級編入)

通算140勝94敗(勝率0.598)

例会は1日4局が基本で、5局目は希望制となっています。
振り返って考えると効率的に昇級するのには、やはり連勝が必要で、1日の例会での全勝(4連勝または5連勝)があれば、比較的順調に昇級できる仕組みとなっています。
そういう意味で考えると、4局目までに4連勝した後の5局目は5勝1敗(勝率0.83)ですので、固めて勝つことができる勝負強さもあったように思います。

通算勝率がそれほど高くないのは、E1時代に足踏み状態の時期があったからです。
それでも6割程度勝つというのは、なかなか大変なことだと思います。
考えてみるとプロの世界での通算勝率が7割を大きく超えている羽生二冠の凄さを改めて実感しています。
posted by ひろパパ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

新出発

fu.gifさて・・・。
奨励会に入らなくとも将棋が強い方は大勢いらっしゃいます。
でも、奨励会という組織が、将棋が強くなる上で、その修練の場としての有効性を失っていないとも思っています。
コンピューターが人間より強くなるかもしれない?ような、これからの時代。
プロ棋士という職業が今まで同様、魅力的であり続けるかどうか、その未来についてはまったく分かりませんが、奨励会に編入させて頂くことで結論を出しました。
もちろん息子本人はプロ棋士を目指していますので、親としてはその純粋な気持ちを尊重し、最大限に応援していくつもりではあります。

人生にとって大事なことは、良き師、良き友、良き書との出会いであると言われています。
・・・良き親ではないようなので少し安心していますが。(^ ^;
新しい世界で、より良き出会いがあることを願いつつ、静かに見守って参りたいと思っています。

これまで書きためていたものをしばらくの間、書き出したいと思います。
前にも少し書きましたが、ためていたものを書き出し終わると、このブログはいったん休止とさせて頂きます。
「続けてほしい」との声があることは十分承知した上ですが、一つの区切りとして休止させて頂く、との結論を出させて頂きました。
応援を頂いて参りました皆様に、休止の結論をお伝えするのは、本当に心苦しいばかりですが、何卒ご理解、ご容赦の程、よろしくお願い致します。
ひとまず、残り1週間程度?となると思いますが、最後までお付き合い頂ければ幸いに存じます。m(_ _)m
posted by ひろパパ at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。